屋外広告看板はここをクリック!!
HOME » シネマスクリーン広告

シネマスクリーン広告

シネマ広告

映画本編の上映前に流れるCMをスクリーン広告といいます。外部情報がシャットアウトされたシアター環境でスクリーンに集中した状態で観る広告は、強く印象に残ります。
株式会社プロフリーでは、全国のイオンシネマと提携することで、各地でのスクリーン広告展開が可能です。

大スクリーンでインパクトの高い広告

大画面・大音量という特別な空間を演出できるのは、映画館ならではの特徴です。
携帯電話など、外部の情報をシャットダウンした状態で、観客の意識をスクリーンへ集中させます。

高い広告到達率

シネアドは映画本編の直前に上映されますので、殆どの映画鑑賞者が広告を視聴いたします。

消費意欲の高い来場者とリーセンシー効果が高い立地特性

最新映画をお金を払って鑑賞する映画館来場者は、積極的にトレンドを収集し、情報を共有するアクティブコンシューマーです。
収入や可処分所得が高く消費意欲が高いといわれております。
その様なお客様に映画を観た後で、同施設内のショピングセンターや周辺店舗において、商品の購入やサービスの提供を利用していただくことが可能です。

長尺CMに対応

長尺CMを上映することで、より深いアプローチを図ることが可能です。
感情に訴えかける“魅せるCM”で、強い印象を残します。

スクリーン広告効果

Q.シネアドがあっても良いと思いますか?

スクリーン広告肯定度76

映画上映前に「シネアドがあっても良いと思う」人は全体の76%と肯定派が大多数を占めます。来場者にとって興味関心の高い内容であれば、シネアドは肯定的に受け入れられます。

Q.ショッピングモールに立ち寄る頻度は?

ショッピングモール利用頻度96

ほとんどの来場者が、鑑賞前後にショッピングモールへ立寄ると回答しています。映画鑑賞後の消費行動までを視野に入れた広告媒体として、シネアドは非常に有効と言えます。

Q.ロビーでのデモンストレーションに参加したいですか?

参加意欲度79

ロビーをコミュニケーションスペースとして活用し、待ち時間を有効活用することもできます。参加意欲の高い来場者に対し、シネアド+αの各種プロモーション展開も効果的です。

来場者データ

男女比

女性客が6割以上

作品ジャンルで男女比は変化するものの、平均で『女性』が6割以上を占めます。

年代構成

30〜40代がコア来場者層

『30~40代』がコア来場者層で、次いで『10~20代』の来場が盛んです。

来場アクセス

車での来場が7割強

多くの劇場が大型駐車場完備のGMSやRSCに併設しているため、『車での来場』が7割強と圧倒的です。

スクリーン広告内容

スクリーン広告は下記の2つのタイミングで上映されます。
『プレアド』・・・お客様の入れ替え時間である幕間に上映
『シネアド』・・・開演時刻以降〜予告編前に上映

※プレアド・シネアドの上映箇所以外での上映はご相談ください。
【参考データ】開演時刻迄で着席率平均70%(2013年6月調査)

映画本編の上映時間により異なりますが、1スクリーンあたり1日平均5~6回上映されます。また、上映期間は15秒/30秒・2週間が基本となっています。

12スクリーンで2週間(14日間)上映した場合

上映方法は「全スクリーン上映」か「作品指定」の2つからお選びください。

全スクリーン上映

指定した劇場で公開中の映画コンテンツ「全ての作品」で上映します。

※一部映画以外のコンテンツ(ODS、中継)などは上映がございません。

作品指定上映

指定した劇場の「指定した作品」のみで上映します。

※3D作品では3Dシネアドを上映することも可能です。

シネマスクリーン広告